脳神経内科とは

脳、脊髄、末梢神経、筋肉に生じるあらゆる病気を内科的に診断・治療する専門科です。脳と神経が関わる疾患を幅広く診療しますが、以下の症状を訴えて受診されるケースが多いです。
頭痛・めまい・しびれ・意識が遠くなる・物が二重に見える・呂律が回らない・飲み込みにくい・手足の力が入りにくい・歩きにくい・手足がふるえる・けいれん・手足の痩せ・もの忘れなど。
また、神経疾患には難病が珍しくありません。

脳神経内科で診る主な病気

神経変性疾患

パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、アルツハイマー病、レビー小体病など

脳血管障害

脳梗塞、脳出血(手術適応は除外)、一過性脳虚血発作など

免疫性神経疾患

重症筋無力症、筋炎、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー、急性散在性脳脊髄炎など

筋疾患

筋強直性ジストロフィーなど

感染性・炎症性疾患

脳炎、髄膜炎、プリオン病、神経梅毒など

その他

片頭痛、失神、てんかん、トロサ・ハント症候群、本態性振戦、顔面神経麻痺、神経痛、眼瞼・顔面痙攣、ジストニア、脊髄梗塞など

主な検査

テンシロンテスト、腰椎穿刺(髄液検査)、電気生理学的検査(神経伝導速度検査、誘発筋電図、針筋電図など)、画像検査(頚動脈エコー、各種CT、MR、脳血流シンチ、DATスキャン、MIBG心筋シンチなど)、脳波、神経心理検査など

主な治療

抗凝固・抗血小板療法、超早期血栓溶解療法、ステロイド(パルス)、免疫抑制薬、免疫グロブリン大量静注療法、血漿交換、ボツリヌス毒素局注療法など

診療体制

当科外来は担当表の通り、常勤医師2名、非常勤医師2名が担当し、午前診療(AM)は8:30~13:00(土曜日のみ9:00~12:00)、午後診療(PM)は13:00~17:00です。
 予約制で原則的に診療情報提供書(紹介状)が必要です。当院医療連携室を介してご予約をお願い致します。