血液浄化センターについて

血液浄化センターでは、日本透析医学会、日本腎臓学会、日本内分泌学会の指導医、専門医の資格を有した医師達がチームを組んで担当します。

血液浄化センターの診療内容と特色

1.血液透析の導入と維持血液透析

腎代替療法が必要な腎不全の患者様に血液透析の導入を行います。当院では外来維持血液透析も行なっています。

2.維持血液透析患者の入院加療

維持血液透析患者様が手術その他の目的で当院に入院が必要となった時は、入院中の維持透析を行ないます。またバスキュラー・アクセスのトラブルに対しては、当院の血管外科医が対応します。

3.アフェレシス療法

アフェレシス療法は血液透析に似た血液浄化療法の一種で、血液中の病気の原因となる物質や細胞成分を除去または減少させることにより病気を治したり軽快させる治療法です。保険適応となる疾患は限られていますが、消化器、血液、腎、皮膚疾患などさまざまな難治性疾患があります。

これらの疾患に対しては、当院の専門分野の医師と協力して診療いたします。

透析時間

全日稼働(含む祝祭日・除く日曜日)
午前 9:00~
午後 0:30~

診療実績へ

医師紹介

  • 血液浄化センター長/腎代謝科 部長
    岡田 知也

    [専門領域]
    腎臓、高血圧、血液浄化

    [主な資格]
    日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医
    日本腎臓学会 専門医、指導医、学術評議員
    日本透析医学会 認定医、指導医
    日本病態栄養学会 専門医、評議員