産婦人科について

産婦人科は、女性の一生と新たな生命の誕生をサポートする、女性生涯医療の担当科です。目の前のご病気やご出産に対応するのみならず、一人一人の女性が、心身共に、より健康で豊かな毎日を過ごして下さることを願い、全人的な視点でお手伝いをしていきたいと考えております。また、地域ならびに職域に寄り添った垣根の低い中核病院として、周辺の医療機関とも顔の見える連携を心がけ、どなたにも安心してご受診頂ける場所であるよう努力しています。
当科は、東京大学医学部産婦人科の連携病院であり、大学医局から派遣された医師によりチーム医療をおこなっています。女性医師と男性医師が、それぞれの長所や得意分野を生かして協力し合い、他科医師やコ・メディカルスタッフとも良好な連携を保ち、バランスの取れた質の高い医療を目指しています。

産婦人科で診る主な病気

正常妊娠、異常妊娠(流産・異所性妊娠・切迫早産など)、正常・異常分娩、妊娠期・産褥期の合併症(つわり、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群、他科疾患合併妊娠、産後うつ病、乳腺炎など)。
月経不順、月経困難症、月経前症候群、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮頸管ポリープ、子宮内膜ポリープ、子宮頸部異形成、子宮内膜増殖症、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、卵管がん、腹膜がん、腟がん、外陰炎、腟炎、バルトリン腺膿瘍、子宮内膜炎・子宮留膿症、付属器炎・卵管留膿症、骨盤腹膜炎、更年期障害、骨粗鬆症、子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤、婦人科心身症、性暴力被害・DV被害相談、子宮頸がん予防ワクチン・風疹予防ワクチン・インフルエンザ予防ワクチン接種など。

診療内容と特色

〈産科について〉

当院の産科は、安全・安心な分娩を基本としながらも、大規模な周産期センターとはひと味違う、アットホームできめ細やかな妊娠期・出産期・産褥期の管理とケアを特色としています。

妊婦健診では、過不足のない検査項目や統一された管理方針で、妊婦さんのご負担を最小限にするよう努めると共に、毎回、助産師が明るく丁寧な対応を心がけております。優しい助産師スタッフによる、産前から産後にかけての切れ目のない多様なサポートと熱心な授乳指導・乳房ケアには、定評があります。他府県での里帰り分娩を予定されている方や、他院で分娩を終えられた方についても、妊婦健診や乳房ケアをお受けしています。

出来る限り安全に通常の出産をして頂けるよう、分娩時期や分娩方法を工夫しており、吸引分娩や鉗子分娩などの技術レベルも維持することで、帝王切開分娩は全体の2割弱と、全国平均よりもかなり低い割合となっています。産婦人科医は、24時間・365日、院内に待機しており、必要に応じて自宅待機の医師も駆けつける体制をとっています。新生児については、全例、小児科医が、専門的で丁寧な経過観察・管理をおこなっています。

また、全ての分娩室が、LDRという、陣痛開始から分娩終了までをずっと同じ個室でご家族と共に過ごして頂ける、ゆとりある設備です。

NICU(新生児集中治療室)を必要とするような、10か月に満たない早産や呼吸器管理を必要とする新生児などは、当院では対応出来ませんが、当該症例については、東京都の周産期ネットワークを活用し、地域の周産期センターへの迅速・適切な母体搬送、新生児搬送をさせて頂いておりますので、ご安心下さい。

(産科についての詳細は、産科のご案内のページをご覧下さい。)

一方、異常妊娠につきましても、異所性妊娠の手術(腹腔鏡下または開腹)、流産の手術、胞状奇胎をはじめとする絨毛性疾患の手術・治療をおこなっております。手術は、いずれも麻酔科専門医による麻酔の下で実施し、初期流産の手術には、子宮へのダメージが少ない手動真空吸引法(MVA)という手法も取り入れています。

♡当院は、「ドナルド・マクドナルド・ハウス東大(病気のこどもと家族のための滞在施設)」を応援しています。

〈婦人科について〉

当院の婦人科は、地域の中核病院という立場を意識し、良性疾患から悪性疾患まで、救急受診症例も含む幅広い診療に対応しています。

外来で保存的治療(薬物療法など)を続けていくような場合には、予約制で担当医を選んで頂くことができます。

当院の人間ドックにおける婦人科検診は、全例、当科常勤医師が対応しており、精密検査・治療が必要な場合には、引き続き、外来で拝見させて頂くことができます。また、他院での婦人科検診の二次検診(精密検査)もお受けしており、子宮頸部の細胞異常(子宮頸部異形成・上皮内癌)については、将来のご妊娠なども考慮して、必要最小限かつ確実な治療を工夫しています。

良性疾患の手術については、小さな創や短期間の入院で済む腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術を積極的に取り入れており、特に、適切な症例を選んでの腹腔鏡下子宮全摘出術を増やすよう努めております。将来的には、ロボット支援下手術(ダ・ヴィンチ手術)の導入も目指しています。子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤などに対する経腟手術もおこなっております。一方で、症例によっては、安全・確実な治療を第一に考え、従来の開腹手術や小開腹手術をお勧めすることもあります。

悪性疾患については、手術のほか、放射線科専門医による放射線療法や、外来・病棟での化学療法(抗がん剤治療)も、院内でお受け頂くことができます。痛みや苦痛の治療については、緩和ケアチームが一緒にサポートをさせて頂きます。

当院の特色は、手術でも入院治療でも、必要に応じて、内科、外科、泌尿器科などをはじめとする他科専門医の支援が、迅速かつ容易に得られることであり、複合チームによる、より質の高い医療の提供を心がけています。

☆当院は、日本女性医学学会専門医制度認定研修施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設です。

診療実績へ