東京警察病院で実践的な初期研修を

当院は生まれながらの教育病院で、昭和4年の開設以来、当時のインターン制度におけるインターン生を多数受け入れるなどし、昭和43年に当時の厚生省が臨床研修制度を策定するよりも早く、教育病院としての責任を自ら担い、今日まで優れた医師を多数輩出してきました。
東京警察病院は、財団法人自警会(警視庁職員で構成)会員の拠出金により開設され、当初は、警視庁職員及びその家族の診療を行う職域病院として発足しました。その後、昭和20年には一般にも門戸を開放し、地域の基幹病院として救急を始め幅広い医療ニーズに対応しています。
マッチングのための病院見学は、学生のご希望に合わせできる限り受入れております。まずは病院見学にお出で下さい。指導医・研修医ともにお待ちしております。

研修管理委員長から

外科部長
研修管理委員長 北川 剛
当院は地域の中核病院としてコモンディジーズから希少な症例まで幅広く対応しており、プライマリ・ケアを学ぶのに大変適しています。1995年の地下鉄サリン事件や阪神淡路大震災でも活躍した救急科をはじめとして、各診療科に優秀な医師が多数在籍しています。経験豊富で熱心な指導医や中堅医師から多くのことを学べます。
救急外来では初期研修医がファーストタッチを行い、上級医がフォローをしてくれますので、実際に行なえる手技も豊富です。また、多数開催される各科のセミナーからも現場で役立つ知識が得られるでしょう。さらに当院のプログラムは自由選択が多いのが特徴で、将来志望する科を集中的に選択する人もいれば、将来役立つと思う科を複数選択する人もいます。
このように、初期研修に最適な当院でなら、医師人生において大変有意義な第一歩を歩んでいただくことができるでしょう。やる気に満ちた初期研修医を指導することは、上級医にとってもレベルアップの刺激となるので、病院にとって非常に重要な存在です。理想の医師を目指し努力する皆さんと共に、私たちも成長していきたいと思います。

臨床研修に関する理念・基本方針

東京警察病院研修管理委員会

理念

1.社会人としての規律を守り、医師としての人格を涵養する
2.将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の社会的ニーズと医療チームの一員であることを認識する
3.医師としてプライマリケアに必要な知識と幅広い診療能力を修得する

基本方針

1.研修管理委員会規定に則し、各科の初期診療を行うために必要な臨床研修を受ける
2.基本的な診療能力(態度・技能・知識)を修得させる。指導者は評価・フィードバックに努める
3.医療チームの一員として自覚を持ち、協調性をもって実践的訓練を行う
4.医療安全の本質を理解し、実践する能力を身につける
5.臨床研修医の医療行為は基本的に指導医が指示・監督し、その責任を負う

作成 2009年10月1日
改定 2014年12月11日

研修プログラム概略

(名称)
東京警察病院卒後臨床研修プログラム
(研修期間)
令和3年4月1日から令和5年3月31日
(研修の目的)
医師としての人格を涵養し、医学・医療及び福祉の社会的ニーズを認識すると共に、日常診療で遭遇する傷病に的確に対応できるよう、基本的な診療能力を身につけることを目的とする。2年間の研修で遭遇頻度の高い傷病に触れ、その診断と治療技術等を中心に幅広い経験を積む一方、患者と医師の関係、チーム医療、諸々の問題対応能力、安全対策等に必要な姿勢や態度を学ぶ。また、患者全体、更には患者背景をも見据えた医療を学び、知識や技術の習得に限らず、一生涯続く自己学習の習慣も身につける。
(臨床研修病院の区分)
医師法第16条の2第1項に規定される基幹型臨床研修病院として、他の協力病院と協同してプログラムを管理する。

研修プログラム

<1年次>(必修11ヶ月)
・内科6ヶ月(循環器、消化器、呼吸器、腎代謝)
・救急部門2ヶ月(救急科2ヶ月)
・外科2ヶ月
・小児科1ヶ月(主に当院での研修となります)
・選択科1ヶ月
<2年次>(必修科5ヶ月)
・産婦人科1ヵ月
・救急部門(麻酔科)1ヶ月
・精神科1ヶ月
・脳血管内治療科1ヶ月(病院独自の必修科)
・地域医療1ヵ月
・選択科7ヶ月
※協力病院・施設
小児科:東京逓信病院、JR東京総合病院、虎の門病院
精神科:根岸病院、多摩あおば病院
救急科:災害医療センター
地域医療:近隣クリニック(9施設)

研修医の声

初期2年次研修医
当院の特徴を1つ挙げるとすれば、私たちが「やりたがり」であるということです。当院では研修医の自主性を重視したプログラムが組まれており、主体性に応じて多くの症例や手技を経験することができます。医師として何かを「やる」ことには、常に責任を伴います。しかし、その責任を実感できるからこそ、自分自身の成長に繋がっていると考えています。そして、私たちの「やりたがり」に応えてくれる当院の医師や関係スタッフの方々の存在が、何よりも恵まれた環境であると言えるでしょう。是非、1度私たちの働く姿を見に来てください。見学をお待ちしています。

初期研修医出身大学

過去の初期研修医の出身大学

令和2年度入職8名
東京大学、慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学、千葉大学、山梨大学、広島大学、神戸大学、高知大学
平成31年度入職8名
東京大学、日本医科大学、横浜市立大学、名古屋大学、新潟大学、東北大学、東京医科歯科大学
平成30年度入職8名
日本医科大学、千葉大学、横浜市立大学、群馬大学、山梨大学、神戸大学、東北大学
平成29年度入職8名
東京女子医科大学、筑波大学、滋賀医科大学、高知大学、東京医科大学、弘前大学、鹿児島大学、金沢大学
平成28年度入職8名
横浜市立大学、慶應義塾大学、群馬大学、富山大学、宮崎大学、神戸大学、信州大学
初期研修医募集要項へ