診療科のご案内

産婦人科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 外来診療担当医表
  • 産科のご案内
  • 母乳外来のご案内

産婦人科について

産婦人科は、主に産科と婦人科に分かれています。
産科に関しては、妊娠成立時から分娩まで、継続した管理を行っています。後に示すように、分娩取り扱い数は年々増えてきています。
婦人科に関しては、良性・悪性腫瘍の診断から手術、子宮脱や子宮奇形の手術、子宮内膜症・月経異常・更年期障害・付属器炎等の治療を幅広く行っています。子宮頚癌予防ワクチン接種も可能です。

産婦人科で診る主な病気

正常妊娠、合併症妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌、子宮脱、月経異常、更年期障害、付属器炎、腟炎、子宮奇形等。

医師コラム

診療内容と特色

当科の分娩の特色は、可能な限り経腟分娩の可能性を残している事です。現代では病院側が帝王切開しか提示しない症例が増えています。しかし当科では、帝王切開既往・骨盤位・双胎など、他院では分娩方法の選択の余地がない症例の経腟分娩も、条件次第では可能です。
婦人科的には、良性から悪性疾患の手術まで幅広く行っています。開腹手術だけでなく、子宮筋腫や子宮脱に対する経腟手術も行っています。
1人の医師が婦人科から産科までの全般を担当できる点が、専門分野だけに縛られた大学病院等とは異なるメリットであると考えています。
また、当科かかりつけの方に対しては、産婦人科医が24時間対応可能です。
対応不可な分野は、NICU(新生児集中治療室)が必須と考えられるハイリスク妊娠・分娩、人工授精以上の不妊治療となっています。

診療実績へ